住宅ローンの残り

諸般の事情によって、住宅を手放さなければならなくなるということは十分考えられます。
この場合によく疑問に上がるのが、今の住宅の住宅ローンの扱いはどうなるのか?ということです。
よく言われることとして、住宅ローンが残っている物件を売却することは出来ない、ということがあります。


これは正しいのでしょうか? 結論から言えば、半分は正しいと言えます。
確かに住宅ローンの残っている物件を通常の手法で売却しようと考えると、まずはその分を完済する必要があります。
不動産の売却額がローンの残高よりも高いのであれば別途コストは必要ありませんが、大抵の場合不動産の価値は年数が経つことで下がっていくため、そうならないことが多いのが実状です。
その場合には、住宅を売却しても完済に足りない分のお金を自分で用意しなければなりません。


そもそも住宅を売却しなければならない、という状況になっている人は多くの場合経済的に困窮しており、その差額を別途用意するというのは容易ではありません。
ただでさえ住宅を売却するためには媒介契約のお金や、税金などを支払う必要があるためにお金がかかる上にその金額を付け足さなければいけないためです。


こういった場合に、経済的なダメージを減らしながら不動産の売却を行う方法はないのでしょうか?この先では経済的に苦しい中で住宅を売却する場合の手段について紹介します。
実際には、それを可能にする制度が存在しています。


Copyright © 2014 売却した際の住宅ローン All Rights Reserved.